え、まさか1社だけで査定するつもりですか?複数の業者に査定依頼した方が高く売れます!

廃車 買取.jp > 軽自動車の廃車

軽自動車の廃車

軽自動車の廃車の流れ(永久抹消登録)

普通自動車と軽自動車では、廃車手続きに若干の違いがあります。軽自動車の永久抹消登録を行う場合の流れとして、自動車の解体をするまでは基本的に普通自動車と同じですが、その後の手続きが異なります。軽自動車の場合は、軽自動車検査協会への届出となります。永久抹消登録の必要書類については「永久抹消登録の必要書類」にて触れていきますが、まずはこの書類を揃える事が先決となってきます。代理人が永久抹消登録の届出を行う場合は、印鑑証明書と同一の押印をした委任状が必要となります。

軽自動車協会での手続きの流れとしては、まずはじめに窓口にて「第4号様式の3」を購入し、自動車検査証と照らし合わせながら記入漏れの無いように必要事項を記入します。この時、自動車の引取業者から受けた「解体記録日」と「移動報告番号」も記入します。それを終えたら永久抹消登録をする自動車のナンバープレート2枚を窓口へと返却し、軽自動車税申告書を受け取ります。さらに自動車検査証と照らし合わせながらその書類へ記入漏れの無いよう必要事項を記入し、窓口へと提出します。これで問題がなければ、永久抹消登録手続きの完了となります。なお、重量税還付を受ける場合などは、自動車重量税還付申請書付表が発行されます。

詳しくは、弊社提携の業者にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP

軽自動車の廃車の流れ(一時抹消登録)

軽自動車の一時抹消登録は、永久抹消登録と同様に陸運支局ではなく軽自動車検査協会にて手続きを行うことになります。軽自動車の一時抹消登録に必要な書類としては、「一時抹消登録の必要書類」にて触れていきます。また、代理人が一時抹消登録の届出を行う場合は、印鑑証明書と同一の押印をした委任状が必要となります。なお、印鑑証明書の有効期限は、発行から3ヶ月以内となるので注意しましょう。

軽自動車協会での手続きの流れとしては、まず窓口にて「軽4号様式」を購入します。自動車検査証と照らし合わせながら、記入漏れの無いように必要事項を記入し、終えたら持参した一時抹消登録をする車のナンバープレート2枚を窓口へと返却します。その際、軽自動車税申告書が配布されるので、こちらも自動車検査証と照らし合わせながら記入漏れの無いよう必要事項を記入し、最後に必要書類を窓口へと提出して完了となります。この際、手数料350円を支払います。不備がなければ、これで一時抹消登録の完了となり、自動車検査証返納証明書が発行されます。なお、自動車取得税申告書や自動車税申告書などは、自動車税事務所にて取得することができます。

PAGE TOP

一時抹消登録後に解体にする場合

先に一時抹消手続きを行い、その後に自動車を処分する場合などは、軽自動車検査協会へと解体届出をする必要があります。軽自動車の解体届出に必要な書類としては、車の所有者の押印と、自動車を引き渡した際に引取業者から交付される「使用済自動車引取証明書」に記載されたリサイクル券番号(移動報告番号)の2点が必要となります。所有者の押印に関しては、個人の場合は認印で受理されます。また、法人の場合はその代表者による認印が必要となります。

この解体届出の手続きは、解体業者から解体を証する解体報告がなされた自動車に限り行うことができます。また自動車重量税の還付については、自動車リサイクル法に基づき使用済自動車が適正に解体され、解体を事由とする解体届出と同時に還付申請が行われた場合に、車検残存期間に対応しただけの額が還付されることになります。この場合、還付金を受けるための銀行名、支店名、口座番号などを記入します。なお、解体届出書としてOCRシート軽第4号様式への記入が必要となりますが、これらの必要書類は軽自動車検査協会にて取得することが可能なので、手続きの際は必要書類を購入の上、間違いや記入漏れなどが無いよう注意して必要事項を記入した後、窓口へと提出するようにしましょう。自動車重量税廃車還付申請を行政書士など代理人を通して行う場合は、所有者が捺印した申請依頼書が必要となり、さらに申請書に行政書士等の捺印が必要となります。

詳しくは、弊社提携の業者にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP

永久抹消登録の必要書類

必要書類 説明
自動車検査証 通常「車検証」と呼ばれるものです。永久抹消登録手続きをする車のそれが必要です。
リサイクル券 自動車リサイクル料金を納めた証拠の券。廃車にするときに収めていない場合は払う必要があります。
ナンバープレート 永久抹消登録をする車のナンバープレートです。前後で計二枚のナンバープレートが必要となります。なお、自分で封印を壊してナンバープレートを外す場合、外しやすくするためにプレートを分断しても構いませんが、陸運支局へと返納する際は切断したプレートの一部だけでなく、全てを返納する必要があるので注意が必要です。
印鑑証明書 永久抹消登録を行う車の所有者のものが必要となります。現在登録してある印鑑証明の住所と自動車検査証に記載されている住所が異なる場合は、住民票、除票、または戸籍の附表などでその関連を提示する必要があります。なお、印鑑証明書の有効期限は発行より三ヶ月です。
自動車税申告書 陸運支局内において取得することができます。記入に際しては印鑑がなくても受理される場合がほとんどです。永久抹消登録書類とともに提出する書類となります。
永久抹消登録申請書 第3号様式の3のOCRシートへの記入が必要となります。必要事項を記入し提出します。書類は陸運支局にて取得することができます。
手数料納付書と印紙 登録手数料の登録印紙を貼りつけて提出します。提出時は、この書類を一番上にして提出します。運輸局賛助会や運輸支局付近の代書屋さんなどで購入する事ができます。なお、住所や名義などの変更がない場合は、永久抹消登録申請書の登録印紙は不要となります。
振込み先情報 振込先の情報として「銀行名、支店名、口座番号」を明記します。還付が不要な場合などは、この欄は未記入として提出します。

普通自動車の永久抹消登録の必要書類はコチラ

PAGE TOP

一時抹消登録の必要書類

必要書類 説明
自動車検査証 永久抹消登録同様、一時抹消登録でも自動車検査証(車検証)が必要となります。
ナンバープレート 一時抹消登録をする車のナンバープレートです。前後で計二枚のナンバープレートが必要となります。
印鑑証明書 一時抹消登録をする車の所有者のものが必要となります。手続きを行う際は、この印鑑証明書と同一の実印も用意しましょう。なお、一時抹消登録をする車の所有者本人が手続きへと出向けない場合などは、所有者の実印により押印した委任状を持ち、代理人が手続きをする事もできます。
一時抹消登録申請書 第3号様式の2のOCRシートへの記入が必要となります。必要事項を記入し提出します。書類は陸運支局にて取得することができます。
手数料納付書と印紙 登録手数料の登録印紙を貼りつけて提出します。提出時は、この書類を一番上にして提出します。運輸局賛助会や運輸支局付近の代書屋さんなどで購入する事ができます。
振込み先情報 振込先の情報として「銀行名、支店名、口座番号」を明記します。還付が不要な場合などは、この欄は未記入として提出します。

普通自動車の永久抹消登録の必要書類はコチラ

PAGE TOP